カードローンの借り換えの利点とは?

カードローンの借り換えは、おまとめローンとも呼ばれています。
借り換えというくらいなので、ローンを一本にすることを指します。
ローンの一本化は、かなり昔から行われていました。
1番の目的は、返済の負担を軽減することです。
これには、いろいろな意味があります。
まず、金利の軽減になります。
金利18%の業者から、15%に乗り換えをすれば、3%も金利が安くなります。
たった3%と思われるでしょうが、それは借入額が少ない場合です。
100万円も借り入れていれば、そのまま返済の負担として実感できるようになります。
100万円にもなると、たった1~2%の金利が非常に大きく感じられるようになります。
借り換えをするときは、当然のことながら低金利の業者に乗り換える必要があります。
借り換えを行いたいのは、特に昔からローンを利用している人です。
昔は今よりもローンの金利が高かったのです。
今とは比較にならないほど高額であり、その名残で現在においても高金利の対象となっているかたがいます。
さすがに、利息制限法を超過した金利での貸し出しは違反になりますが、現在において新規で借り入れる人よりも、金利が高めになっているのです。
カードローンの借り換えをすれば、現代の金利の適用となることが多く、金利引き下げが期待できるのです。
実際に借り換えを行った人のなかには、5%以上もの引き下げが可能になったケースもあります。
借り換えを検討するなら、銀行と提携している業者を選びましょう。
銀行と提携する業者は、総合的に優れていると考えてよいでしょう。
銀行が提携する業者というのは、一定のハードルを超えています。
カードローンの借り換えは、同一の金利であっても得になることがあります。
それを実感するのは、借入件数が減少したときです。
カードローンに詳しい専門家は、カードローンの返済について、借入額のほかに借入件数も負担になっているらしいです。
借入件数が多くなる原因は、1社だけだと目的の融資額に達しないためです。
そこで、2社、3社とこまめに借りることになるのです。
しかし、気づくころには返済が厳しくなっており、しまいには各社の借入額も把握できなくなる人もいます。
こんなときは、カードローンの借り換えをするべきでしょう。
ローンの本数が減ると、借入額が把握しやすくなります。
借入総額、金利、返済年数などが具体的に分かるようになります。
返済までの総支払額も減ることになるので、借り換えはぜひ検討するべきです。

おすすめの銀行カードローンサイト


◆みずほ銀行カードローン審査


銀行系のカードローンだと普通の消費者金融のカードローンよりも安心感が大きい気がしますが、その他にはどんな理由があるのでしょう。